大阪桐蔭野球部優勝メンバー2018の進路は?六大学に太いパイプがある!?

大阪桐蔭

今夏おおいに盛り上がった夏の甲子園。

大阪桐蔭高校の史上初2度目の春夏連覇で幕を閉じましたが、気になるのが大阪桐蔭野球部優勝メンバーの進路。

根尾くんや藤原くんのようにドラフト1位確実と言われている選手もいますが、大学に進学して野球を続ける選手、社会人野球に進む選手ももちろんいます。

ここでは大阪桐蔭野球部の2018年優勝メンバーの進路についての情報を紹介します。

将来は優勝メンバー全員プロ入りしてるかも…

 




 

大阪桐蔭高校野球部の優勝メンバーの進路【2018年版】

2018年の夏の甲子園を征した大阪桐蔭野球部の優勝メンバーの進路です。

現在わかっている情報なので、変更されることもあります。

 

他にも新たな情報が入ったら随時更新していきますね。

 

優勝メンバーは決勝戦にスタメン出場した選手を中心に進路を紹介します。

打順 守備 選手名 進路予定
1 宮崎 仁斗 立教大学
2 青地 大地 同志社大学
3 中川 卓也 早稲田大学
4 藤原 恭大 ロッテ1位指名
5 根尾 昂 中日1位指名
6 石川 瑞貴 HONDA鈴鹿
7 山田 健太 立教大学
8 小泉 航平 NTT西日本
9 柿木 蓮 日本ハム5位指名
横川 凱 巨人4位指名

 

藤原くん、根尾くんは早くからプロ入りを表明していました。

ふたりともドラフト1位確実ですね。

 

柿木くんもドラフト上位指名されそうな逸材です。

あまり出番がなかった横川くんは身長190cmのサウスポーで、恵まれた体格から将来が期待できる投手です。

 

こうしてみるとそうそうたる顔ぶれで、進路予定先も野球が強いところばかりです。

社会人野球に進む石川くんと小泉くんは2、3年後のプロ入りを目指しているのかもしれませんね。

 

※2018/10/27追記
藤原恭大 → ロッテ1位指名
根尾昂  → 中日1位指名
柿木蓮  → 日本ハム5位指名
横川凱  → 巨人4位指名
でそれぞれドラフト指名されました!

 


 

大阪桐蔭高校と東京六大学には太いパイプがあるの?

2018年の大阪桐蔭野球部の優勝メンバーの宮崎くん、中川くん、山田くんは東京六大学リーグに所属する大学に進学予定です。

大学に進学するのなら、大学野球のレベルが高い六大学や東都リーグに進学したいと思うのは当然のことです。

 

ただ、行きたいといっても簡単なものではありませんので、優勝メンバーから3人も六大学に進学予定というのはスゴイことです。

 

大阪桐蔭高校野球部出身では、昨年の夏の甲子園でも活躍した徳山壮磨選手が早稲田大学で活躍中です。

2018年の優勝メンバーの1年先輩にあたる徳山選手ですが、1年生ながら早くも注目されてますね。

 

今年の優勝メンバーだった中川卓也選手は、徳山選手の後を追って早稲田大学に進学予定ですね。

 

「主将力」が大切と徳山選手に言われてキャプテンを引き継いだ中川選手ですが、今度は早稲田大学で徳山選手と「共闘」です。

 

大阪桐蔭野球部から六大学に進学する選手が多くいますが、太いパイプがあるというよりも、

「選手も高いレベルで野球を続けたい」

「大学側も優秀な選手がほしい」

と、思惑が一致してのことではないでしょうか。

 

将来はプロ入りを目指している選手ばかりです。

大学野球でさらにレベルアップして、上位指名でのプロ入りを考るのも良い選択です。

 

また、野球を終えた後の人生のことを考えても、大学を卒業していれば何かと有利に働くこともあります。

六大学は名のしれた有名な大学ばかりですから、「高校卒業後に野球を続けるがプロ入りしない」というのであればベストな進路かもしれません。

 

この大阪桐蔭野球部の2018年の優勝メンバーが4年後にどのような活躍をしているのかが今から想像するだけでも楽しみです。

素晴らしい野球人生を送ってほしいものです。



最後までごらんいただきありがとうございます!

ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加