吉田輝星はドラフトで巨人に指名されるかを補強ポイントから検証してみた!

吉田輝星

夏の甲子園を沸かせた金足農業高校の吉田輝星投手。

巨人ファンであることを「うっかり?」明言してしまいましたが、当の巨人はドラフトで吉田輝星投手を指名する可能性はあるのでしょうか?

いまの巨人が抱えている問題点補強ポイントから、吉田輝星投手が巨人にドラフト指名されるかどうかを検証しました。


スポンサーリンク


巨人の現在の投手事情と問題点

現在、巨人の投手陣は菅野という大黒柱がいながらなかなか機能していない現状です。

今シーズン規定投球回数に達している先発は、菅野と山口俊の二人だけで、この二人はローテーションを守っているといえますが、それに続く投手が田口、内海、吉川あたりでしょうか。

前述の二人以外は良かったり悪かったりといった状態で、なかなか安定はしていません。

今シーズンFAで加入した野上も早々に中継ぎに配置転換されていますし、かなり危機的な状況といえるでしょう。

なんとかメルセデスやヤングマンなどの外国人投手が穴を埋めている印象もありますが、それも安定したものではない印象です。

一方中継ぎ、抑えに目を向ければ、ここ数年リリーフ陣をリードしてきたマシソンがついに故障で離脱し、カミネロも不振で離脱。

今シーズンから復帰している上原も安定しているとは言えず、かなり苦しい状態です。

澤村は故障なく投げてはいますが、防御率は4点台ということで、信頼は置ける状態ではありません。

彼らに加え、田原や池田、宮国などを調子のいい人から使いつつやりくりしている状態で、誰一人信頼がおける投手がいない状況でもあります。

こういった状態に陥った要因としては、ドラフトで獲得した若手投手が伸び悩んでいることとFAで獲得した投手がほとんど役立っていないということになると思います。

昨シーズン後半の活躍から今シーズンはローテーション入りが期待された畠も未だ1軍登板はなく、ドラフト1位の鍬原も1勝にとどまっています。

加えてFA組は大竹、森福などもはや風前の灯火ともいえる状態であり、こんな状態では投手陣崩壊といっても過言ではないでしょう。

コーチ陣にも改善ポイントはないのかな?入れ替えとか…

スポンサーリンク

巨人の今年のドラフトでの補強ポイントは?

投手陣がこのような状態であるので、今年のドラフトでの補強ポイントはおのずと投手中心になるでしょう。

昨年捕手が3名というかなり偏ったドラフトを行った巨人ですが、それが今シーズン生きているかというと疑問符がつきます。

ですが今シーズンは2014年のドラフト1位の岡本選手がようやく1軍で活躍してくれています。

シーズン途中からは4番として、すでに25本のホームランを放つなど成長をみせてくれています。

また残念ながらケガで離脱中ですが、2016年のドラフト1位の吉川選手も開幕からセカンドとしてレギュラーを獲得しています。

加えて大黒柱の坂本選手もまだまだ老け込む歳ではありませんので、野手陣はそれなりに戦力が整いつつあるという印象があります。

それに比べると、菅野以後にドラフトで獲得した投手陣が軒並み活躍できていないという状況です。

少しいい時期があると、その後にけがや不振などでいなくなってしまうということを繰り返しています。

そういう状況ですからFAで即戦力と目される投手を獲得しているわけですが、その獲得した投手が即戦力とは程遠い状況で、悪循環となっています。

そういったことからも今年のドラフトは投手中心になってくるだろうと考えられます。

それもなるべく即戦力の投手を獲得することにより、その投手が活躍することはもちろんですが、活躍しきれていない投手陣に危機感を持たせる意味でも、投手を多めに獲得することになると思います。

外野も長野は今年で34歳。後釜候補も考えておかないとね…

巨人は吉田輝星をドラフトで指名する可能性は?

今年ドラフト対象の投手の中で、現段階で最も注目を集めているのが秋田県の金足農業で甲子園準優勝投手となった吉田輝星投手です。

吉田輝星投手は巨人ファンを公言していますし、巨人サイドとしてもぜひ欲しい投手なのではないでしょうか。

大学進学もウワサされる吉田輝星投手ですが、彼の能力を考えれば即プロ入りしたほうが今後のためになると感じます。

すでにかなりの完成度をもっている投手ですので、下手に遠回りしてプロ入りするより即プロ入りして実践で力をつけていく方が彼のためでしょう。

イメージとしては桑田投手と重なるような感じでしょうか。

それに加えて巨人サイドとして魅力なのが、吉田輝星投手の人気とクリーンなイメージでしょう。

ここ数年巨人には負のイメージが付きまといます。

そういったイメージを一新できる力が吉田輝星投手にはあります。

そういった点でも、巨人は吉田輝星投手を指名する可能性は高いと判断します。

吉田輝星が「巨人好き」ネット上の反応

吉田くんが巨人行きたいって言ってるのほんと草www素直な高校生かわいいwww
金足の吉田投手による巨人発言。八戸学院大学への進学を避けるために、巨人を巻き込む算段だとしたら、かなりの策士だと思う。
金足農業の吉田くんは中日→ソフバンの中田賢一みたいになる気がする。 球の威力、ノーコンぶり、なんか勝つといいとか色々被る 巨人行きたいみたいだけど東京ドームは小っちゃくて投手不利な球場だから個人的にあまり行って欲しくないな 君は甲子園がよく似合うから阪神においで
巨人は藤原狙いに行くのかと思ってたけど吉田が巨人希望してるならこっち取りに行くだろうな
今更ながら巨人に行きたい発言からの吉田くん見ると可愛くてしょうがない
プロに行くのか 大学に進むのか 分からないけど 今は吉田くんの姿を見逃したくない 遠征に糸目のない女 東京に来て欲しいと切に願いながら 東京に染まっていくところはみたくないから みんな秋田に行こう そうだ 巨人も秋田で野球しようよ
吉田選手、巨人じゃなく広島言ってほしいなあ。将来がある選手だからなあ。
金足農業の吉田くんが巨人に入りたいとのことで凄い魅力的な選手だってことは分かるけど自分からしたら即戦力の中継ぎが欲しいんだよなぁ… 山崎康晃みたいな抑え出てこんかな

吉田輝星はドラフトで巨人に指名されるか?まとめ

ここでは現在の巨人の補強すべきポイントや問題点から、吉田輝星投手をドラフト指名するのかどうかについて検証してきました。

 

  • 先発投手陣のコマ不足
  • 岡本、吉川という若手野手の成長
  • 吉田輝星のクリーンイメージ

 

これらから「巨人はドラフトで吉田輝星投手を指名する」と考えます。

巨人の優先事項の一つとして投手以外に考えられるのが外野手の補強です。

長野選手や陽岱鋼選手、亀井選手といったところは30代の選手です。

外国人を補強するという手もありますが、以前でいう松井秀喜さんのような”スター級”の外野手の出現も望まれるところです。

そのような事情から、長打力がある外野手を補強に最重要ポイントにもってくる可能性もあります。

 

大阪桐蔭高校の藤原恭大選手はこの思惑にピッタリ合致しますね。

夏の甲子園で評価を急上昇させた吉田輝星投手ですので、ドラフトとなると1位でしか獲得のチャンスはないと予想されます。

彼自身の進路はまだ未定とはいえ、いずれプロ野球の世界には飛び込んでくるはずです。

ただ、ドラフトだけはクジ運も大きな要素となりますので、希望の球団に行ける保証はどこにもありません。

吉田輝星投手が、将来どこの球団に入っても球界を代表するような投手になってほしいと切に願うばかりです。

大学進学が基本路線と言われていたので、まずプロ志望届けを出すのかが注目!

スポンサーリンク



最後までごらんいただきありがとうございます!

ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加